読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観光立国見聞録!中村好明オフィシャルブログ

中村の講演情報や哲学、思想、最近の活動や思う事について、徒然と綴らせていただきます。

上海水郷の町「周庄(ジョウジョアン)」訪問レポート

皆さま、こんばんは!

久しぶりの投稿となり、恐縮です。

本日は、中国視察レポートをお届け致します!

 

 

11月の中旬、わたしは中国国際旅行博(CITM2016)の出張の際、

足を延ばして上海近郊の周庄(ジョウジョアン)という水郷の街を訪れました。

上海のまわりには大小さまざまな水郷の街があります。

そのなかでも周庄は最大級の規模。

 

機会があればぜひ訪れたいと思っていました。

 

上海から車で約2時間。

ワゴン車に乗り込み、高速道路と一般道路を一時間ずつ走り、たどり着きました。

日本の田舎と見まごうばかりのひなびた農村風景。

f:id:inboundnakayoshi:20161207183251j:plain

 

その向こうに、明・清時代の趣を残した古い街並みが、突如として現れました。

まるでテーマパークのような古い街並みがまるごと残っていました。

 

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207183329j:plain

f:id:inboundnakayoshi:20161207183343j:plain

 

 

周庄は白蜆という湖の中に浮かぶ島のようなもので、湖の中に独立した水の城。

その中には歴史が瞬間冷凍されていて、

そして人々は白蜆での漁業で生計をたてています。

 

 

張り巡らされた運河のほとりには素敵なレストランが軒をつらね、

地元で採れた野菜と魚を選んで調理してくれます。

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207183446j:plain

f:id:inboundnakayoshi:20161207183500j:plain

 

残念ながら日本人の姿はほとんど見られませんでしたが、

欧米系の観光客・中国国内からの観光客で、

平日なのにたくさんの人で賑わっていました。

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207183512j:plain

f:id:inboundnakayoshi:20161207183521j:plain

 

広大な広さの歴史的な町並みに無数の水路がめぐらされていて、

料金を支払えば、無数のレストラン・ショップ・ゲストハウスのあるこの歴史地区に、何日でも滞在することが出来ます。

 

人々のくらしにおいて今もモーターを使わず、伝統的な舟で漁へもでかけます。

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207182214j:plain

 

朝早く漁に行き、昼前には終わります。

 

わたしも運河の舟にのって街をめぐりました。

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207183559j:plain

f:id:inboundnakayoshi:20161207182352j:plain

 

驚くべきは、この門の向こう側。

実は、なんと湖なのです!

 

ここはかつてこの地域に入る人たちの港、埠頭として使われていた、

入口の門だったものだそうです。

 

 

人々は舟で参拝におとずれ、お祈りをし、

街で買い物をしたりしてまた帰っていきます。

f:id:inboundnakayoshi:20161207183737j:plain

この大きな湖の周り一帯から、人々が信仰のために寺を訪れるという、

湖とともにある街なのです。

とても感動しました。

 

 

 

そして名物である、上海蟹と同系列の淡水湖の美味しいかにを堪能した後は

全福寺というお寺を参拝しました。

f:id:inboundnakayoshi:20161207183614j:plain

 

f:id:inboundnakayoshi:20161207183224j:plain

お寺の中には鯉がいて、餌を買ってあげてみると、

たくさんの鯉が寄ってきて驚きました。

f:id:inboundnakayoshi:20161207182435j:plain

 

 

 

 

そして街には、料理屋さんをはじめ、さまざまなお店が軒をつらね、

今風の若者が集うおしゃれなカフェもありました。

f:id:inboundnakayoshi:20161207183111j:plain

f:id:inboundnakayoshi:20161207183122j:plain

 

 

この街の凄いところは、日本の観光地と違って、

昼の観光に加えて夜の観光に力を入れている点でした。

 

日本の観光地は夕方には店仕舞いをしてしまいますが、

この街のアドバンテージは二毛作

つまり夜の楽しみが用意されていて、

さまざまなナイトツアーで観光客がおしよせ、

美味しい夕食やバーを楽しめ、にぎやかな音楽が鳴り響き、

たくさんの若者が楽しく時間を過ごしていました。

f:id:inboundnakayoshi:20161207183021j:plain

 

 

中国の観光地に学ぶことは、たくさんありました。

 

古い歴史的なものを現代に活かし、単に古いものを見せるだけでなく、

それをちゃんとマネタイズしている点。

そして昼の消費に加え、夜の消費・需要を獲得して世界の観光客をひきつけている。

 

是非またこの街に着てみたいと思いました!

皆さまも、是非訪れてみてはいかがでしょうか?